逆SEO対策は逆に目立たなくするための対策

逆SEO対策はSEO対策とは真逆の意味で使用される対策です。元々インターネット上には無数の情報があふれていて、その無数の情報の中から目立つためには検索サイトで常に1ページの上位に表示されるなど目立つ対策、すなわちSEO対策をすることがサイトを繁盛させるための対策として注目されていました。しかしその対策で目立つようになると、「出る釘打たれる」のように、一部の悪意ある人たちが根も葉もないような批判的なことを大々的にいろんなサイト上に書き込むなどするようなことが目立ってきました。それらの悪意あるサイトはさらに悪いことに検索サイトで常に上位表示されるために評判を落とされやすくなってきました。そこでこれに対抗するための対策として、逆に目立たなくするための対策を実施するようになりました。それが逆SEO対策となります。この対策の具体的施策は検索上位から目立たなくさせるようにしていきます。それは自分のサイトだけでなく、悪意ある書き込みが目立つ某巨大掲示板などもその対象となります。これらの検索上位から下位に意図的に落としたり検索サイトから見えないように排除させるための対策は専門のサービス会社への依頼で有償で行われています。

逆SEO対策をして誹謗中傷から逃れましょう

現在はネット社会なので、多くの情報をパソコンやスマートフォンなどのコンピュータで調べることができます。どこか旅行に行くときなど遊びに行ったりなどをするときに情報はとても大切で、そこに書いてある良い情報で旅行先を決めたり変えたりしています。事前に情報が分かると様々なことを変えることができるので、ネットはとても便利です。メリットが多いネットにもデメリットがあり、お店のオーナーなどはこのネットの情報で困ることがたくさんあります。お店の悪い情報も書かれたりするので、それを見た人がお店に訪れるのを止めてしまいます。そうなるとお店にとってはだいぶ不利益になるので、逆SEO対策をして悪い情報を検索させないようにして、良い情報を検索の上位に出すことで利益に繋がっていきます。逆SEO対策はお店にとって嬉しい機能です。

逆SEO対策は自分のためだけの対策ではない

インターネットサイトで他の同業者よりも自分の存在感を目立つようにするための対策としてSEO対策というのがあります。しかし現実世界ではその逆として敢えて目立たなくさせるための対策として逆SEO対策というのがあり、いくらかの業者や個人は自力あるいは専門の業者に依頼して意図的に目立たなくさせています。なんで意図的に目立たなくさせてしまうかというと、それは排外主義者などの対策だからです。それらの奴らは他人の悪口などを書き込むことでその業者や個人のイメージダウンを図って生きがいにしていたりなどします。それが検索上位などにいつも来てしまうとそのマイナスなイメージが常に付きまとってしまいます。こんなときには本来は悪意ある例えば2CHのような掲示板とかなどの書き込みを強制的に削除させなければなりませんが、現実世界では法整備の不備などにより事実上行政は動いてくれません。行政がそんな体たらくなので自分自身で他の対策として、この対策が使われ始めました。しかしこの対策は自分の個人や業者のサイトを検索上位から落とすためだけに使われません。他の使われ方は先ほどの悪意ある書き込みが目立つ某巨大掲示板とかなどのサイトを検索上位から落としたり表示させないようにさせたりなどでも使われます。しかし自分が管理してないこれらのサイトを検索サイトから意図的に排除させるためには有料で専門業者へ依頼する必要があります。

WEBに氾濫する誹謗中傷や個人情報の漏えいなどのリスクの対策を行います。 安全で、信頼性のある方法で、インターネットでのリスクを対策します。 情報漏えい対策など、サイトに合ったコンサルティングをいたします。 逆SEO対策でネガティブなサイトを見えないように。 著作権の侵害や名誉毀損の予防に、WEB上で被害を受ける前に。 シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 逆SEO対策、インターネット風評でお悩みの方はこちら

逆SEO対策について理解しよう is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.