ガス自由化のメリットは何かを解説

経済をよくするためには様々な業種に競争原理を働かせることで、その競争原理によって生まれたものを消費者が選んで購入することによって得られます。その概念によって、これまでにおいて独占形態を敷いていた日本のエネルギー事情を一部開放して競争原理を働かせる風潮になっています。まずその最初に競争原理を働かせるために動いたのが2011年に発足した電力自由化です。そして次に電気の次に生活にとって欠かせないものが自由化したのですが、その自由化したものが住宅で、加熱関連で重要な仕組みを指させているガスを自由化するガス自由化です。これまではガス関連企業がこぞって製造から販売まで行っていたのですが、この販売の部分を開放することによって競争原理を働かせることで市場を活性化させる目的があります。そして競争原理を働かせるだけでなく、ガス自由化には様々なメリットがあります。

メリットその1いざという時の入手ルートの確立

メリットその1としてはいざという時の入手ルートの確立です。そもそも自由化の流れが起きたのは、2011年の災害を契機にしています。2011年の災害の際に復興には生活を支えるインフラ整備が大事なのですが、この災害によって独占していた企業の設備が破損することによって本来インフラ整備にとって大事なガスや電気の配給が遅れてしまったのです。そこで販売ルートを開放することによって様々な業種がガスを販売できるようにしていると、仮に一つの契約した販売ルートが災害などによって使えなくなったとしても別の企業に販売しておくことによってそのガスを使えなくなったところに送ることで復旧の助けになります。電気と違いガスはぼんぺにためて置けるので、このガス自由化の一つ目のメリットはその部分にあるといえます。

メリットその2競争原理を働くことによる使用料の減額

先に言ったとおりに元々は独占していたことによる弊害のリスク分散が目的の自由化ですが、やはり最大のメリットは適切に選べば各家庭のガス使用料金を落とすことができることです。これまで独占していたことで料金は一律でガス企業が決めていたのですが、それは時間帯によって変わるため使わない部分のガス料金が高いままだと必然的に支払う料金も多くなってしまいます。これまでは支払う料金体系を選ぶことができずにガス料金が指定した料金を支払うことになっていたのですが、この市場開放による自由化によってそれが変わります。企業によってガス料金に違いがあるため、そのガス料金の規定を見て自身の生活と照らし合わせて選べば高い時には使うことはせずに安い時にだけ使うようにすることができればガス料金を安くできるメリットがあります。